<$BlogRSDUrl$>
〜科学にロマンを、ロマンに科学を SFと科学の接点を探求する〜

2004/03/16

太陽系に冥王星以来最大の天体を発見 

<天文学> カリフォルニア工科大学の研究チームが、太陽系の中で冥王星より外側を回る天体を新たに発見しました。この天体は暫定的に、イヌイット(エスキモー)神話の海の女神にちなんで、「セドナ」と命名されました。一部では、「太陽系第10惑星」の発見とも報じられていますが、NASAの発表では、あくまで「惑星に似た天体」としか表現されていません。
 セドナは地球から約130億キロの距離にあり、冥王星の約3倍の軌道を回っています。他に特筆すべき点は、その色と大きさです。セドナは、太陽系の中で火星の次に赤い天体であり、冥王星の約3分の4の大きさであると推定されています。太陽系の天体としては、1930年に発見された冥王星以来、最大の大きさとなります。
 セドナは太陽から極めて離れているため、その地域の温度は決して-240℃を超えることがありません。セドナは、約1万年に一度しか太陽に近づかず、最も遠い位置にあるときは太陽から1300億キロの距離にあるため、その表面温度はさらに低いと考えられます。
 ところで今回の発見は、長い間仮説であった「オールト雲」(または「オールトの雲」)の発見かもしれないと考えられています。オールト雲とは、彗星の源と考えられている、小さな氷の天体が集まっている地帯のことです。惑星圏の外側に、太陽を取り巻くように球状に広がっていると推測されており、「彗星の巣」とも呼ばれます。
 セドナの軌道は、かつて天文学者が見たことのないような楕円形で、オールト雲仮説で予測される天体に似ているそうです。
 セドナは今後72年間に渡って地球に接近してきます。前回、セドナが地球を訪れたときは、地球は最終氷河期がようやく終わるところでした。果たして次回、セドナが地球を訪れるときには、地球の環境はどうなっているのでしょうか。

(2004/04/02 追記)
 DSPACEではセドナが第10惑星になれない理由を詳しく解説しています。興味のある方はご覧ください。





2004/03/15

太古の火星には生命の誕生に十分な水があった 

<惑星探査> 米航空宇宙局(NASA)の科学者チームは、無人探査車「オポチュニティー」が、火星上にかつて生命を支えるのに十分なほどの水が存在していた証拠を発見したと発表しました。無人探査車の着陸から間もない時期の発見としては、非常に大きな成果です。
 NASAの科学者チームは、オポチュニティーが着陸した地域はかつて、表面が液体の水ですっかり覆われていたと考えています。これを、NASAの科学者は、「メリディアニ平原(オポチュニティーの着陸地点)は過去に『ずぶぬれ』の時期があった」と表現しました。
 言い換えれば、この地域は生命が存在できる良好な環境だったということができます。なぜならば、地球型生命の誕生には液体の水という要素が不可欠だと考えられているからです。ただし、現在のところ、生命の存在につながる直接的な痕跡は見つかっていません。
 さて、具体的な成果の詳細をご説明しましょう。
 オポチュニティーが岩石の化学分析を実施したところ、岩石には多量の硫酸塩が含まれていることがわかりました。また、同じ場所で酸化鉄の硫酸塩である「ジャロサイト」という鉱物も検出されました。
 硫酸塩のように大量の塩分を含む岩石は、地球上では、水の中か、長い間水にさらされる環境で作られます。さらに、ジャロサイトが見つかったことは、このあたりが酸性の湖か温泉のような環境であったことを示しています。
 加えて、オポチュニティーが徹底的に調査した「エル・キャピタン」と呼ばれる岩石からは、水があった証拠と思われる3つの特徴が見つかりました。すなわち、岩石の中に存在する小空洞、小球体、そして斜層理です。
 岩石からは、あちこちに長さ約1センチメートルの小空洞が見つかりました。このような小空洞が形成されるのは、塩水中にある岩石の中に無機塩類の結晶ができるときです。その後、結晶が侵食されるか溶けるかしてなくなってしまうと、岩石の中に空洞が残るのです。
 同じ岩石からは、NASAの発表によると「BB弾ほどの大きさ」(直径約4.5ミリ)の、小球体と呼ばれる粒子も見つかりました。このような小球体は、地球上においては水に溶けた鉱物が穴だらけの岩石の中で堆積するか、隕石の衝撃や火山活動によって溶けた鉱物のしぶきが、冷えて固まることで形成されます。
 さらに、この岩石には、斜層理と呼ばれる地層が見つかりました。科学者チームは、これは水や風の動きによって形成されるものだとしています。
 これらの細かい証拠を総合した結果、NASAの科学者チームは、太古の火星に液体の水が豊富に存在したことを突き止めました。これは今回のミッションの主目的でもあります。
 こうなると、次の目標は火星に生命が存在した証拠の探索です。今回の発見により、かつて火星に生命が存在した可能性は飛躍的に高まりました。
 地球上に生命が誕生したのは、地球が誕生してから間もない約8億年後(現在から約38億年前)とされています。かつて火星に水が存在したのであれば、その時期に生命が誕生していた可能性は十分にあります。
 そして、一度誕生して進化を遂げた生命は、簡単には滅びません。さすがに知的生命体(いわゆる火星人)は難しいとしても、太古の火星生命の末裔が、地下で今も生き続けている可能性は否定できないのです。
 最後に、地球外生命を探す意義について一言書いておきましょう。我々以外の生命を探し出すことは、我々自身を良く知ることにつながります。
 例えば、日本の文化と海外の文化を比較することによって、互いの文化をより良く知ろうとする学問があります。いわゆる「比較文化論」と呼ばれるものです。
 地球生命と地球外生命を比較することができるようになれば、お互いの進化の過程、生化学的プロセス、遺伝や代謝の方法など、生命活動を支える仕組みの共通する点と異なる点が明確になり、生物学が各分野で発展して、「比較生命学」が誕生するでしょう。
 そして地球外生命の発見は、この宇宙にどれくらい普遍的に生命が存在するかを知ることにもつながります。それは、地球外知的生命体の存在を探求することでもあるのです。

(2004/03/24 追記)
 NASAの発表によれば、探査車オポチュニティーが着陸した地点は、かつて塩分を含んだ地球型の海の沿岸部だったことが判明したそうです。この発見により、太古の火星に生命が存在した可能性がさらに高まりました。
 この発見は、「アッパー・デルズ」と名付けられた砂岩層の特徴に基づくものです。この砂岩層からは、塩素や高濃度の臭素といった、乾燥地帯の塩水湖のような環境を示唆する成分が検出されました。また、この層には斜層理と呼ばれる地層の構造とともに、さざなみの痕跡を示す模様があり、水深5センチメートル以上、流速毎秒10〜50センチメートルという、海底の環境で堆積したものと見られています。
 なお、NASAは2009年に再び高度な探査車を、2013年には岩石や土壌を地球に持ち帰るロボット搭載探査機を火星に送る計画があることも明らかにしました。





最新の記事へ   過去の記事へ